体験レッスンはどのような流れになるのでしょう?

 

まずは、体験レッスンの日にちと時間を決めます。

その時に、体験レッスンを受ける方について いろいろとお聞きします。

お名前、年齢、好きな遊び(家で遊ぶのが好き、身体を動かすのが好き)得意なこと、苦手なこと

根掘り葉掘り・・・

なぜかというと、体験レッスンを受ける方のことをよく知ってからレッスンをしたいからです。

 

体験レッスン当日初めてピアノを始める方は、特に持ち物はありません。

現在、他の教室でレッスンを受けている方は、ご使用の教本をお持ちくださいね。

体験レッスン後に、教室、月謝や教本、発表会のことなど詳しくお話しさせていただきます。

また、私や教室について、他にも不安なことや質問がありましたら何でも聞いてください。

ここまでで、体験レッスン20~30分、お話しの時間20~30分

全体で40分~1時間ほどお時間をいただいています。

体験レッスンで使用したプリントや資料はお持ち帰りください。

入会に関しては、一週間以内のご連絡をお願いしております。

 

レッスンの送迎、同席はしたほうがいいですか?

 

生徒さん一人でのレッスンは、全く問題ありません。

 

私の教室では、3つのタイプの保護者さんがいらっしゃいます。

 

①送迎とレッスンの同席

 レッスンに同席して、家庭練習のフォローをしたい。

 レッスン中の様子を知りたい。

 と、レッスンに同席されるお母様もいらっしゃいます。

 特に未就学の生徒さんは、交通の問題もありますし

 30分のレッスンで「何をやったのか」「家でどんな練習をするのか」など

 しっかりと記憶することは難しいです。

 できる範囲での同席をお願いしていますが、同席できない場合は

 レッスンノートに、レッスンの内容や様子を書きますのでご安心ください。

 

②送迎のみで同席はしない

 生徒さんが一人でも大丈夫でしたら問題ありません。

 お迎えの時に、レッスンの様子をお話したり

 レッスンの内容は、できるだけ詳しくレッスンノートに書きます。

 

③送迎のみ

 小学生の生徒さんの場合、家が近所でお子様が「一人でも大丈夫」とおっしゃるなら

 ご家庭の判断にお任せします。

 冬は暗くなるのが早いので、冬の間だけお迎えをするなど臨機応変に

 されているご家庭もあります。

 小学生以上になると先生の話も聞くことができますし

 「一人なんだから、しっかり聞いてこよう」と、自立心を養うことにもなります。

 

レッスンの同席については、

毎回同席されるお母さん、たまに同席されるお母さん、

「今日はレッスンを見てもいいですか?」と当日いらっしゃるお母さん

いつでも大歓迎です。

ぜひ、レッスン中の生徒さんの頑張っている姿を見ていただきたいです。

 

一人でレッスンに通われている、または送迎のみのお母さん

お子さんがレッスンから帰ってきたら

「今日はどんなことをしたの?」「どの曲を弾いたの?」と聞いてあげてくださいね。

お母さんが、お子さんのピアノに興味を持ってくれるだけで

お子さんにとっては、とても嬉しくて励みになります。

レッスン内容やレッスンの様子などは、レッスンノートに詳しく記載します。

大事なお知らせなどは、お手紙や教室だより、電話等でお知らせしますので大丈夫です。

どうぞご安心ください。